沖縄旅行の際に絶対利用したい交通手段

「車社会」での必需品

旅先の移動手段で多く使われているのがレンタカーですが、沖縄でも移動にはレンタカーが主役です。沖縄は電車が通ってない(モノレールはありますが)日本で唯一の県であり、「車社会」と呼ばれているほど、どこへ出かけるにも車は必需品です。
そんな沖縄ですが、うれしい事にレンタカー料金は全国でも最安値と言っていいほどのエリアです。時期によっては1日借りても免責料込で2000円台から、2泊3日で1万円以内に納まるレンタカーが見つかったりします。
低料金の理由は観光客が多く需要が多いのと、たくさんのレンタカー会社が価格競争をしているからです。離島だからガソリン代が高めと思われていますが、最近では沖縄本島なら本土とそれほど違いはないもの。
ドライブに最適な風光明媚な海岸線も多いのでガソリン代を気にせずガンガン走り回りましょう!

離島で最適な移動手段

沖縄本島や石垣島、西表島など大きな島以外の交通手段でおすすめなのがレンタルバイク。
小さな離島ではバス路線があってもバスの本数はそんなにないものですし、レンタカー料金もちょっと高めです。レンタルバイクなら料金も手頃で、坂(意外に沖縄の離島は起伏が多い)があってもへっちゃらです。細い路地もスイスイ行けます。
免許がない方や、平坦な離島(竹富島や波照間島など)はレンタサイクルがおすすめです。南国の風や花の香りが体で感じられる素敵な移動手段です。
注意したいのは夏場の突然のスコール!黒雲が沸き上がったと思ったらアッと言う間に大雨が来るので、荷物のパッキングはしっかりしておきましょう。また、離島は街灯が少ないので夜間は乗る事は控えておきましょう。ヘッドライト目がけてたくさんの虫が集まってきますよ!