沖縄の気になるダイビングスポット

マンタを見るダイビング

ダイビングで有名な沖縄。慶良間諸島など有名な本島周辺スポットもありますが、少し足を伸ばして本島より飛行機で約1時間の石垣島へ渡れば、マンタの遭遇率が高いダイビングスポットでダイビングが楽しめます。
水深10~20メートル付近で漂うマンタを様々な角度から楽しむことができるでしょう。冬場にはプランクトンを食べる食事中のマンタの姿を見ることもできますよ。石垣島といえばマンタというくらい出会える確率が高い生き物です。
この他にもウミガメが住むスポットもあり、趣向によって様々なダイビングが楽しめます。ダイビングショップはたくさんのスポットを知っているので、希望のコースを選んだり、スタッフとおしゃべりを楽しみながらおすすめのスポットを案内してもらうと面白いですよ。

遺跡とハンマーヘッドシャーク

沖縄で海に沈む遺跡ダイビングを楽しむなら、与那国島がおすすめです。
与那国島の船着場から15分前後で遺跡スポットに到着します。人工的なものが海に沈んだ説や自然に作られた説などまだまだ謎の多い海底の遺跡。これらの形を楽しんだり、そこに集まる魚たちを観察したりする興味深いダイビングです。青く深みのある海の中を探検するようにダイビングができます。
大迫力の絶景が楽しめる与那国島近海には、ハンマーヘッドシャークが現れるスポットもあり静かにその光景を眺めることができます。深い海の中を悠々と泳ぐその姿は多くの人を魅了するでしょう。運が良いとイルカの群れにも遭遇できますよ。
日本の中でも最西端の島、与那国島で神秘的な海の景色を堪能しましょう。